Top作品リストショップリスト
否定の果て
(ひていのはて) CD 1992発表
                     ¥2、200+税(参考価格)
 

1:赤い月の晩に
2:芸術家
3:女の爪と赤い月
4:泥水
5:嵐の準備
6:否定の果て
7:死ね demoMP31.1M

TOTAL:約54’31”

〜ネット・ボーナストラック〜

「芸術家」ライヴ・ヴァージョン
MP31.1M Byte
(C)1991Mushio FUNAZAWA
1993年「霊機ライヴVol.3」の
リハーサル・テープより抜粋


ジャケットの詳細はこちら

 

「赤い月の晩に」は、画家である井原(旧姓:辺見)由美子女史の描いた一枚の絵画を見た時、まるでこの曲の存在に気づくかのようにできた曲である。詞はこの絵に描き込まれている言葉を舟沢が並べ、女史が整理し、タイトルをつけて完成された。又、「芸術家」は1991年8月31日に初演された蝉丸氏の舞踏作品「空蝉」のために作曲―録音されたものに、若干の再整音をほどこしたものである。

---ライナーノートより抜粋

#歌詞はライナーノートに“詩”として載っているだけで、
曲自体はインストルメンタルです。ヴォーカルはありません。

CDR版について
本作「否定の果て」ですが、
CDの在庫が少ないこと、
プレス時に多めに印刷したジャケットが残っていることなどから、
僅少ながら「CDR版」を頒布することに致しました。
ジャケットがCD版と全く同じ為、見た目上の判別はできないと思いましたので、
包装袋の裏面に、「CDR Edition」という表記をしてございます。
CD版が売り切れた店舗より、順次CDR版に差し替わっていきますので、
何卒ご了承くださいませ。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _